一般社団法人日本エアゾール協会は、エアゾール産業の健全な発展を図ることを目的とした協会です。

一般社団法人日本エアゾール協会
中身排出機構について
メニュー
危険

キッチンでの使用は引火の恐れがあり、たいへん危険です!

エアゾール製品に含まれている可燃性の液化石油ガス(LPG)やジメチルエーテル(DME)は空気より重いためシンク内にたまり、火気の多いキッチンや屋内では思わぬ火種により引火する危険があります。
▶右の写真はシンク内にガス(LPG)が滞留する様子をドライアイスで再現したイメージです。

イメージ

ガス抜きキャップの注意事項

使いかた

スプレー缶にはガスを出し切るための【ガス抜きキャップ】が装着されています。
中身のガスを出し切るために、ガス抜きキャップを使いましょう!

商品によっては、[ガス抜きキャップ(中身排出機構)][ガス抜きキャップ(残ガス排出用)]
[ガス抜きキャップ(ボタン)]等の表記を行うものがあります。
但し、下記のスプレー缶(エアゾール缶)商品には、ガス抜きキャップは付いていません。

【例】●炭酸ガス、窒素ガス等の不燃性ガス使用商品(商品の表示をご覧ください)

ガス抜きキャップを使う時には…

※ガス抜きキャップについてのお問い合せは、商品に記載の“お客さま相談室”や“販売元”にお尋ねください。 ※ガス抜きキャップの形状、使用方法は、商品によって異なります。
 商品に記載された使用説明を必ずご覧ください。

使用方法の例

どうしても使い切ることが出来ない時や、商品についてのお問い合せは、 商品に記載されておりますお客様相談室や販売元にお尋ねください。