一般社団法人日本エアゾール協会は、エアゾール産業の健全な発展を図ることを目的とした協会です。

一般社団法人日本エアゾール協会
正しい排出の方法
エアゾール缶は、必ず中身を使いきってからゴミに出しましょう。
缶をカラにする 缶がカラになったか?確認する ガス抜きキャップを使ってガスを抜く ごみに出す

・製品を使いきって、缶をカラにする
・使いきれない場合は、中身を出して缶をカラにする

 


・缶を振って音を聞いてみる
・中身が残っていると『シャカシャカ』『チャプチャプ』などの音がする

カラだと思っても・・・使用条件により、中身が少量残ることがある


・製品に書いてある“ガス抜きキャップの使い方”をよく読む

「ガス抜きキャップ」がない場合は、ボタンを押してガスを完全に抜く

・火気のない風通しの良い屋外で作業する

屋内で中身を出すと、近くの火気や静電気で引火することがあり危険

・ティッシュや新聞紙などに吹き付けることで、周囲への飛散に配慮する


・キャップ(ふた)や噴射のためのボタン等、プラスチックを分別する

容易に取り外せない場合は、無理して外さない

・ごみの出し方は、地域によって異なる

不燃ごみ・資源ごみ(缶類・金属類)など、分別の仕方を確認して、ルールを守りましょう。


エアゾール製品は、容器の耐圧強度と気密性によって、使いきるまで安全性が保たれていますが、多くの製品は、液化石油ガス(LPG)やジメチルエーテル(DME)などの可燃性ガスを噴射剤として使用している為、中身が残っているエアゾール製品の容器に、不用意に穴をあけたり、中身が残ったまま“ごみ”に出すと、火災や破裂事故につながることがあります。